映画寸評集(れ)

HOME


作品タイトルはAmazonにリンクしています(在庫があれば直接購入できます)。
「ネタバレ解説」 をクリックすると、バレありの解説ページに飛びますぅ。

ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間 /2001/米/
監督:ピーター・ジャクソン  出演:イライジャ・ウッド 他
KEI評価:★★★★★ Amazon評価:
三部作の第一弾。原作の展開を追っているようで紙芝居的にも感じますが、ここまで見事な映像化には素直に拍手。原作のはしょり方もうまいと思います。勇気と友情の熱い物語、伝説と神話の息づく世界、光と闇が織り成す映像美…映画ってホント素晴らしいと思える作品でした。まぁ、それだけに、続きが早く観たくて欲求不満になってしまったりしますが(^^;)。休憩ナシでいいから続きを連続で観たひっ!
ネタバレ解説

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 /2002/米/
監督:ピーター・ジャクソン  出演:イライジャ・ウッド 他
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:
三部作の第二弾。今回も、評価的には前作と同じレベル。最終的な結論は「王の帰還」を観た後になりますね。とにかく、前作と同じレベルに感じるってことは、さらに面白くなってるとみて間違いないでせう。以前に読んだ小説版の記憶は、パーティが分割されたことで、地理的なこととか時間軸的なことが曖昧になっていたんですが、この映画を観てなるへそと思った次第(小説と違う点があるにせよ)。各キャラのお茶目なシーンがあったり、「ハリー・ポッター」のドビーとキャラがかぶってげなゴクリたん(笑)が大活躍したりと、見所盛りだくさんでひた。ラストは、当然ではありますが次作に続くので、映画館で観る方は、そこんトコを覚悟していきましょー。
ネタバレ解説

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 /2003/米/
監督:ピーター・ジャクソン  出演:イライジャ・ウッド 他
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:
三部作の完結編。何の変化球も無いことに驚かされました。ヘタに"映画版ならでは"の要素を加えないほうがイイという見本でせう(指輪マニアには指摘したい点はあるかもしれませんが)。あまりにも生真面目な直球ド根性物語なので、ベタな泣きドコロ盛り上がりドコロにどれだけ反応出来るかで評価が分かれるでせう。作品的に言えば今作は色々詰め込み過ぎな感があるので、「旅の仲間」が"一本の映画作品としては"一番良かったとは思いますが、それも、今作あってのコト。ドキドキした。ワクワクした。ゾクゾクきた。泣けた。笑えた。感動した!
ネタバレ解説

ローズマリーの赤ちゃん /1968/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
最初はそれほどオカルトっぽくないのに、ちょっとしたできごとの積み重ねが違和感を生じさせ、狂気の世界へと変わる。すげー。

RONIN 
監督:ジョン・フランケンハイマー  出演:ロバート・デ・ニーロ 他
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
はったりの効いたアクションものは楽しいです(^^)。うまく抑制された地味な展開や演技が心地よい。

ローマの奇跡 /1989/コロンビア・スペイン/
監督:リサンドロ・ドゥケ・ナランホ  出演:
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:
宗教ドラマというかなんというか。うだつのあがらない主役のおじさんが素敵。見終わったときの感動は、筆舌に尽くしがたし。こっそりマイベスト映画。

ローマの休日 /1953/米/
監督:  出演:オードリー・ヘップバーン 他
KEI評価:★★☆☆☆  Amazon評価:★★★★★
計算ずくで動くグレゴリー・ペックが嫌味なカンジ。いまいち(^^;)。ヘプバーンはキレイだったけど、それだけじゃ…(^^;)。

ロケッティア /1991/米/
監督:ジョー・ジョンストン  出演:ビル・キャンベル 他
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★☆☆
レトロ感に溢れたSF(?)作品。ジェニファー・コネリーの美貌と、悪役の顔が印象的。

ロサンゼルス /1982/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
原題"DEATH WISH II"。「狼よさらば」の続編です。チャールズ・ブロンソンが自ら弾薬調合をこなしつつ、悪ガキ退治。痛快。

ロスト・チルドレン 
監督:ジャン=ピエール・ジュネ  出演:ロン・パールマン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督作品。弟をさらわれた怪力男が、孤児の女の子と共にその行方を追う。創り上げられた架空の世界は、湿度と鉄サビと油が臭う薄汚れた町。物語に登場する部分は狭いけれど、この世界は一見の価値あり。ってゆうか、ヒロインの女の子が激らぶり〜! この子を見るためだけに、この作品を見るのもアリ! 大人っぽかったり子供っぽかったり。りんとした唇ガポイント高し。

ロッキー /1976/米/
監督:ジョン・G・アビルドセン  出演:シルベスター・スタローン 他
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★★★
無骨なロッキーと地味なタリア・シャイアが、現実感があって個性際立ってみたり。人生の裏街道を歩んでいる的雰囲気づくりも丁寧。テーマ曲とシンクロした一連のシーンは、血肉から乳酸が抜け出るカンジ。ラストもクサいけど、素直に受け入れられる。必見…てゆうか、見れ!

ロッキー2 /1978/米/
監督:シルベスター・スタローン  出演:シルベスター・スタローン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
シリーズ第2弾。前作に引き続き、カール・ウェザースと対決。男の汗と友情に涙。

ロッキー3 /1982/米/
監督:シルベスター・スタローン  出演:シルベスター・スタローン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
シリーズ第3弾。カール・ウェザースとの友情物語が熱い。敵がギャグ系かも(^^;)。

ロッキー4 /1986/米/
監督:シルベスター・スタローン  出演:シルベスター・スタローン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
シリーズ第4弾。ドルフ・ラングレンがすげーこわい。ロシアのスタジアムの雰囲気もすごくいい。ゴルビーのそっくりさんも登場(笑)。成金的生活の描写は、ご愛嬌。

ロッキー5 /1990/米/
監督:ジョン・G・アビルドセン  出演:シルベスター・スタローン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
シリーズ第5弾。再び、無骨でがむしゃらなロッキー。人生浮き沈みと悲哀。ラストの対決は、すごく興奮できるけど、悲しい。

ロック・アップ /1989/米/
監督:ジョン・フリン  出演:シルベスター・スタローン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
スタローン主演の極悪刑務所からの脱出劇。残忍所長ドナルド・サザーランドが素敵。

ロビン・フッド /1991/米/
監督:ケビン・レイノルズ  出演:ケビン・コスナー 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
ケビン・コスナー版。ライトファンタジーっぽい素敵なコミュニティがいいカンジ。弓という武器は、凄い。

ロボコップ /1987/米/
監督:ポール・バーホーベン  出演:ピーター・ウェラー 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
痛快なアクションシーンと、すんげー残酷で怖いシーンが共存。

ロボコップ2 /1990/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
大型ロボの動きや行動が見物。ロボコップとの対決も、上へ下への大騒ぎで楽しめます。

ロボフォース〜鉄甲無敵マリア〜 
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★☆☆
マリアたんカワイソスwww。容赦なくくだらないようでいて、それでも容赦なく楽しめます。

ロミオ・マスト・ダイ /2000/米/
監督:アンジェイ・バートコウィアク  出演:ジェット・リー 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
ジェット・リーのハリウッド進出2作目にして、ハリウッド初主演作。中国系マフィアと黒人マフィアの抗争に、ジェット・リーが挑む! アクションは、あいかわらずのキレだけれど、シーンが短めなので物足りない。随所に新機軸の見せ場はあるけれど、不自然な動きが目立つのが物足りない。凄いんだけど、どこか物足りない作品。でも、痛快(^^)。
ネタバレ解説


 

BACK