映画寸評集(は)

HOME


作品タイトルはAmazonにリンクしています(在庫があれば直接購入できます)。
「ネタバレ解説」 をクリックすると、バレありの解説ページに飛びますぅ。

VERSUS ヴァーサス 
監督:北村龍平  出演:坂口拓 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
冒頭から最後までテンション高めで楽しめるアクション娯楽作。女の子もかわいいし、見所のアクションもキレ良く爽快感もアリ。

パーフェクト ストーム 
監督:ヴォルフガンク・ペーターゼン  出演:ジョージ・クルーニー 他
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★☆
なんか、救いの無いわびしい映画。で、ただのわびしい映画なら僕的には高評価を付けたいのですが、安っぽい恋愛をからめてあるのがマイナスでした。あと、実話を元にしたせいで複数のエピソードがあるのはいいとしても、それらのリンクさせ方が不足で散漫な印象。

パール・ハーバー /2001/米/
監督:  出演:ベン・アフレック
KEI評価:☆☆☆☆  Amazon評価:★★★☆☆
戦闘シーンは、ヘンな脚色の入ってるシーン以外はそれなりに見ごたえあり。でも、期待してたほどじゃなかったなぁ。その他の部分に関しては、予想してた通りにサムくてイタい。語るべき点は無いですが、ダニー役のジョシュ・ハートネットの顔は好きだ。
ネタバレ解説

バイオハザード /2002/米・独・英/
監督:ポール・アンダーソン  出演:
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で、ゲームを映画化。ストーリーはオリジナル。アンブレラ社の研究施設で起こった事故と、施設に潜入した特殊部隊員の戦いを描く。美術にキャスティングに脚本、どれも悪くなく、ゲームの映画化作品としては高レベル。でも、ちょいパワー不足か。ミラ姉御の見せ場がもっと多ければ…というトコロ。すげーいいキャラなのに出し惜しみしてるカンジ。
ネタバレ解説

バイオハザードII アポカリプス /2004/米・加・英/
監督:  出演:
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
シリーズ第二弾。前作と同じく、あと一歩で鮮烈な名作としての地位を手に入れられたっぽいのが惜しい(^^;)。見せ場もあるし、ゲームの設定の活かし方もイイ。でもね〜、どこかが足りない…というか、どこかが過剰? まぁ、文句は言ってますが、アクション作品としてバリバリ楽しめるです、ハイ。
ネタバレ解説

バグダッド・カフェ 
監督:パーシー・アドロン  出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
なんか、"オチてない"気がするけど、それもまたヨシ。独特の絵ヅラと、なんともいえない味わいのストーリー展開にクラクラしましょう(^^)。

パッション /2004/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
イエス・キリストの最後の12時間を描いたメル・ギブソン監督作。ある意味、全編が1カットで描かれていて、最初から最後までとてつもない緊張感が続きます。映画的な"面白味"をあえて排除した作りは新鮮でひた。効果音関係だけ、ちょい演出過剰なのは気になりましたが良作です。

バトルフィールド・アース /2000/米/
監督:  出演:フォレスト・ウィテカー
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★☆
第二のスターウォーズといった地位を狙ったであろう作品。でも、全編バカ(爆)で、ラジー賞も受賞しちゃったり。主人公(ホントはトラボルタ演じるタールが主人公らしいけど)は精悍でカッコいい。とりあえず、トラボルタのイヤな高笑いは胸きゅんモノでした(笑)。悪役のほうが合ってるのかも。
ネタバレ解説

バトル・ロワイアル /2000/日本/
監督:深作欣二  出演:藤原竜也 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
BR法施行。同じクラスの生徒同士で殺し合うことになった中学生のドラマ。てゆうか、山本太郎比率高杉(笑)。悲壮感あふれる雰囲気が秀逸な作品でした。

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) /2003/日本/
監督:  出演:
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★☆☆
BRII法施行。テロリストの首謀者を殺すため、また中学生が選び出された。うーん、企画倒れといったカンジですかね(^^;)。嫌いな雰囲気ではないけど、茶番としか言えないやうな。
ネタバレ解説

ハムナプトラ 失われた砂漠の都 
監督:スティーブン・ソマーズ  出演:ブレンダン・フレイザー 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
主人公が骨太(てゆうかマッチョ)でイカす。ヒロインも、大きな目がきゅうと こじんまりとした(見た目が派手なシーンはあるんですけどね)インディー・ジョーンズといった風情だが、すんごく楽しい娯楽作。個性ありげなサブキャラ達が、いまいち活躍できてなかったのが残念。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド 
監督:  出演:ブレンダン・フレイザー
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
とにかく見せ場の連続のハイテンション・ムービー(まあ、逆に観客は力を抜き切って楽しめる)。CGを多用したアクション、背景は圧巻。CGばかりでちょっとクドすぎるけど、そこは気にならない。前作で活躍できなかったサブキャラも活躍。でも、活躍しないのも多し。でも、それもたのし(笑)。あと、やはり主人公のブレンダン・フレイザーがいい。
ネタバレ解説

バリスティック /2003/米/
監督:  出演:ルーシー・リュー
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★☆☆☆
アントニオ・バンデラスvsルーシー・リューのアクション。バンデラスが往年のミッキー・ロークのような風貌で出演(笑)。しかし、持ち前の油ギッシュさは健在で、もっさりした中にもタフなヒーローを演じてます。ルーシー・リューは、役自体が不安定過ぎて活きてないですが、まぁ、とりあえずアクションはびゅーちほー。で、銃撃はともかく、たしかに火薬の量は多かったようです(^^;)。盛り上がりに欠け、二転三転…というより、一回転んだら起き上がれなかった的ストーリーが難点。

ハリー・ポッターと賢者の石 /2001/米/
監督:クリス・コロンバス  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
主人公の悪ガキ三人組が、赤ずきんチャチャを思い起こさせて楽しい(笑)。内容が盛り込み過ぎで、キャラがステレオタイプだったりしますが、ファンタジーとして楽しむ分には悪くない。絵ヅラ的によくできてるし、好。
ネタバレ解説

ハリー・ポッターと秘密の部屋 /2002/米/
監督:クリス・コロンバス  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
シリーズ第2弾。ラドクリフ少年の声変わりのこととか聞いてたので心配でしたが(^^;)、それほど気になりはしませんでした。ちょいハナシの展開とかキャラの行動とか、乱暴になってる気もしますが、悪ガキ三人組に焦点が絞られている点はマル。作品自体の評価は星三つでもいいかもしれないけど、ハーマイオニー様でプラス1の星四つ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 /2004/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
アズカバンを脱走した囚人の狙いとは…!? ますます乱暴さとダークさが増してきてるような気がしますが、まぁそれはそれ(^^;)。何を軸にストーリーが展開しているのかが見えない上に、魔法を使ったファンタジックな見せ場も少なく、なんだかもどかしい印象の作品でした。退屈はしないんですけど…。星二つでいいかもしれませんが、やはり(爆)エマたんの魅力でプラス1。
ネタバレ解説

バレットモンク /2003/米/
監督:  出演:チョウ・ユンファ
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★☆☆
神秘の力を秘めた巻物の守護者たるチベット僧。巻物を守りながら次なる守護者を探し続けていた彼は、ニューヨークで一人の若者と出会った。しかし、巻物を狙う悪の手がすぐそこまで迫っていた…!
うーん、B級っぽいとかアクションが安っぽいとかいうのは大した問題では無いと思います。キャラの顔やアクションは生き生きしてたし、B級っぽさ上等。問題は脚本。どう物語を展開させたいのか、何を見せ場にしたいのかが不明。キャラ達の活躍の場が少ないのも超問題。チョウ・ユンファ演じるチベット僧の明るいキャラクターはおもろかったけどなぁ。もしかしたら化けたかもしれない作品なのでわ?と思ったり。
ネタバレ解説

ハンニバル 
監督:  出演:ジュリアン・ムーア
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★☆☆
「羊たちの沈黙」の続編。楽しいけど、なんつーか、ランボーがランボー2になったみたいな…ってゆうカンジ。たんなる"エンターテイメントショー produced by Dr.レクター"ですね。楽しめるのは間違いないんですけどね〜(^^;)。


 

BACK