映画寸評集(た)

HOME


作品タイトルはAmazonにリンクしています(在庫があれば直接購入できます)。
「ネタバレ解説」 をクリックすると、バレありの解説ページに飛びますぅ。

ダークマン 
監督:  出演:リーアム・ニーソン
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★☆
サム・ライミ監督作品。都市開発にまつわる裏金疑惑にからんでしまい、重症を負った男の復讐の物語。99分間しか維持できない人工皮膚のアイデアが秀逸…とは言えないやうな(^^;)。まぁ、ダークマンの成り立ちとかがイマイチでしたが、細かい点に目をつぶれば楽しめる作品。キャンベル出てるし。ブルース・キャンベルLOVE。

ターゲット・ブルー /1994/香港/
監督:コーリー・ユン  出演:リー・リンチェイ 他
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★★
リー・リンチェイ主演のアクション。せつない音楽をバックに、警備体制のチェックをする場面がシュール(笑)。今回の相手は、マトリックスのセラフ役も務めたコリン・チャウ!

ダーティハリー /1971/米/
監督:  出演:クリント・イーストウッド
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
やられてもやり返すハリー・キャラハン刑事がお茶目(笑)。

ダーティハリー 2 /1973/米/
監督:テッド・ポスト  出演:クリント・イーストウッド 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
今回の敵は、腐れ警官。頼もしいハズの警官の制服が、不気味に見えるのがヨイ。

ダーティハリー3 /1976/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★  Amazon評価:
ラストはありなんでしょうかね(^^;)。吹き替え版だと、声はルパン3世なワケですが……僕はアリだと思います(笑)。

ターミネーター /1984/米/
監督:  出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
未来から送り込まれたサイボーグとの戦い。シュワちゃんのハマり役。そのタフさと冷酷さにはしびれます。凄い演技力。"これぞエンターテイメント!"な展開と盛り上がりに感涙。

ターミネーター2 /1991/米/
監督:  出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★★☆
エドワード・ファーロングのカン高い声が気になる(笑)以外は、完璧な映画。ターミネーター同士の対決は、超萌える。…いや、燃える。

ターミネーター 3 /2003/米/
監督:  出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★☆☆
三度彼がやってきた。前作、前々作のセルフパロディ的な側面は否定できないでしょう(^^;)。驚かせる新機軸もあったものの、普通の映画になっちゃってる印象でした。クリスタナ・ローケン扮する女ターミネーターは、期待の70%程度に"ぎゅー"でひた。
ネタバレ解説

大災難P.T.A. /1987/米/
監督:  出演:スティーブ・マーティン
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
旅は道連れ、世は情け。楽しめるコメディ。

大丈夫日記 /1988/香港/
監督:チョー・イエン  出演:チョウ・ユンファ 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
チョウ・ユンファの二股恋愛物語。コメディ……というよりは、バカ映画(^^;)。それも、たんなる"バカ映画"とかゆーんぢゃなくて、なんか、もー…ありえない(^^;)! ものすごい熱演なので、笑う前に呆気にとられる。ジョイ・ウォンも含め、香港女優の自分自身を捨て去る演技はすごい(笑)。

タイタニック /1997/米/
監督:  出演:レオナルド・ディカプリオ
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★☆
タイタニック号の再現度は凄い。でも、他の登場人物とくらべて、ディカプリオ浮き過ぎ。都合のいいラブロマンス。

ダイ・ハード /1988/米/
監督:ジョン・マクティアナン  出演:ブルース・ウィリス 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
ブルース・ウィリスが、汗まみれで戦う。漢のアクション(笑)。クリスマス・イブの出来事。

ダイ・ハード2 /1990/米/
監督:レニー・ハーリン  出演:ブルース・ウィリス 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
シリーズ第2弾。今度の舞台は空港。またもクリスマス・イブ。ついてねー(笑)!

ダイ・ハード 3 /1995/米/
監督:ジョン・マクティアナン  出演:ブルース・ウィリス 他
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
シリーズ第3弾。ニューヨーク横断ウルトラクイズ!ってなカンジか(笑)。にしても、やっぱ"クリスマスに必ずテロ事件に遭遇しちゃう男"として定着させるべきだったですよね〜(^^;)。

太陽の帝国 /1987/米/
監督:  出演:クリスチャン・ベール
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
スピルバーグ監督作品。伊武雅刀がいい役だ(^^)。過酷な生活だけれど、救いがないわけじゃない。

  タッカー /1988/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
車づくりに傾ける情熱。タッカーのたくましさは、見ていて心地よい。日本人気質に合う作品なのか、テレビでもよく放映されていた(笑)。

誰も知らない /日本/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★★☆
母の消えた、兄妹四人の生活。「火垂るの墓」以上の危険物!心して観ることです。子供達の瞳に、クラクラきます。
ネタバレ解説

タワーリング・インフェルノ /1974/米/
監督:  出演:ポール・ニューマン
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
迫り来る炎に、パニック状態になる人々を見るのは楽しいものです(^^;)。

ダンサー・イン・ザ・ダーク 
監督:  出演:ビョーク
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★★☆
ビョークの演技がいいし、ドキュメンタリー風の画面も雰囲気ある。とにかく出色なのがミュージカルシーン。病的なまでに官能的なカメラワークが絶妙。曲自体も、それぞれの曲に場面のテーマに合わせたリズム(ビート)が設定されていて鳥肌モン。ただ、ストーリー自体が絶望的過ぎて、ミュージカルシーンを鑑賞するのがツライのが難点(^^;)。あと、脚本は一見お涙頂戴モノっぽいけど、スティーヴン・キング風の毒物語だスね。いや、そゆの好きだからいいンですが。

ダンス・ウィズ・ウルブズ /1990/米/
監督:ケヴィン・コスナー 他  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
インディアンとの交流が暖かい。マル。都合の良すぎる展開だけれど、それはそれでマル(^^;)。


 

BACK