映画寸評集(お)

HOME


作品タイトルはAmazonにリンクしています(在庫があれば直接購入できます)。
「ネタバレ解説」 をクリックすると、バレありの解説ページに飛びますぅ。

狼/男たちの挽歌・最終章 /1989/香港/
監督:  出演:チョウ・ユンファ
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★★
チョウ・ユンファ+ジョン・ウー。あの「男たちの挽歌」とは関係の無い、別物のストーリー。ユンファの哀愁を帯びた表情は素敵だが、メロドラマ的お話なので空回り気味。教会での銃撃シーンはいかす。ラストも衝撃的で爆笑してしまいました(^^;)。共演の役者さんは、あの「人肉饅頭」で、鬼畜な刑事役をやってました。

狼たちの午後 /1975/米/
監督:  出演:ジョン・カザール
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
銀行強盗に入った男の奮闘記。アル・パチーノ萌え。犯人と人質達の姿の丁寧な描写が、着実に作品の雰囲気を作っていってるってカンジでしょうかね(^^)。

オースティン・パワーズ 
監督:  出演:
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
超腕利きスパイのオースティン・パワーズが、世界支配を目論むドクター・イーブルの野望を打ち砕く! うーん、でも、バカはバカだけど、わざとバカに作ってあるからなあ。小ネタと下ねたばかりだし。パワー不足。お茶目なドクター・イーブルと、おやじ下ネタ連発のオースティン君は、それなりに好き。

オースティン・パワーズ デラックス 
監督:  出演:ヘザー・グラハム
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
続編。やはり小ネタと下ネタばかり。いまいち突き抜けてないので、ハイレベルなコメディとは言えない。まあ、たまにクスリとできたりできなかったりするのでヨシとする。

オーバー・ザ・トップ /1987/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
スタローンが腕相撲に挑戦! 親子の絆が熱い。スタローンの魅力を隠すことなく使ってて、けっこう"濃い"ぞ(笑)!

オーメン /1976/米/
監督:リチャード・ドナー  出演:グレゴリー・ペック 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
ダミアン生誕。しのびよる不気味な雰囲気を描くシーンと、アクセントとなる残酷シーンのペース配分がいいかんじ。

オーメン2 ダミアン /1978/米/
監督:ドン・テイラー  出演:ウィリアム・ホールデン 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
ダミアン13ちゃい(^^)。自分の運命を知り、本格活動開始(笑)。続編だけど、レベルは落ちてない。

オーメン/最後の闘争 /1981/米/
監督:グラハム・ベイカー  出演:サム・ニール 他
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
シリーズ第3作。大人になっちゃうと、いまいちオーラが無いな(^^;)。でも、着々と自分の地位を築き上げていってる地味な努力は偉いぞ>ダミアン

オールウェイズ /1989/米/
監督:  出演:リチャード・ドレイファス
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★★
僕的には共感できない物語だったです。オードリー・ヘプバーンは良かったと思います。

オズの魔法使い /1939/米/
監督:ビクター・フレミング  出演:ジュディ・ガーランド 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
ミュージカル。ライオン役のメイクが不気味でした(笑)。「オーバー・ザ・レインボー」は最高。

オズ /1985/米/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
いちおう「オズの魔法使い」の続編。ドロシーが、精神病院に入れられたトコから始まってたような…(^^;)。お姫様(?)が、すんげーぷりち〜。魅力大。

お葬式 /日本/
監督:  出演:
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
伊丹十三監督の第1作目。お葬式に集まった人々を面白おかしく、シニカルに描き出す。

オテサーネク /2000/チェコ/
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル  出演:ヴェロニカ・ジルコヴァー 他
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★★
子供の出来ない夫婦が手に入れた木の赤ちゃん人形をめぐるお話。絵的にも音的にも話的にも、毒と主張があっていいんだけど、ダラダラと展開し続けるカンジでシマリが無ひ。シュヴァンクマイエル監督作品は、たぶんコレが初体験。まぁ、心意気的には好き。
ネタバレ解説

男たちの挽歌/1986/香港/ 
監督:  出演:チョウ・ユンファ
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★★☆
シリーズ第1作。チョウ・ユンファよりも、ティ・ロン大活躍で奥さんご満悦(爆)。

男たちの挽歌II /1987/香港/
監督:  出演:チョウ・ユンファ
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★★★
シリーズ第2作。チョウ・ユンファが、前作のうっぷんを晴らすかのように暴れまくり。米(ライス)をけなしてわいけない。そのユンファに負けない暴れっぷりを見せるティ・ロンは、今回もス・テ・キ(*^_^*)。

乙女の祈り /1994/ニュージーランド・米/
監督:  出演:ケイト・ウィンスレット
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
タイタニックのケイト・ウィンスレットが主役の一人。たしかデビュー作だったような。こんときからないすばでーでした(爆)。をとめとをとめのいけない関係っぽいストーリーなので、ウテナファンにもオススメ。…とわいえ、もう一人のをとめちゃんが太めなせいで(失礼でゴメンね^^;)、ちっとおバカな空気が流れ気味なのが減点ポイント。

踊る大捜査線 THE MOVIE /日本/
監督:  出演:織田裕二
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
とっても軽妙で楽しい。よくできたカンジのシナリオが気持ちいいです。あざといし、ありがち過ぎな面もありましたが、レベルの高い娯楽作品(^^)。

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! /2003/日本/
監督:  出演:織田裕二
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
発展を続ける台場で起こった殺人事件を追う。真矢みきさんが凄い(笑)。前半(特に導入部)がパワー不足なものの、展開が進むにつれ"踊る"テイストが戻ってきて一安心。
ネタバレ解説

親指ウォーズ 
監督:スティーブ・オーデカー  出演:ロス・スチャーファー 他
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
親指タイタニック」と同じく、絵ヅラはいいけど、笑えるか・楽しめるかという点では、ちと力不足なカンジはいなめません。しかし、この絵ヅクリにかける情熱はムダではありませ…いや、ムダかも(爆)? 笑えるかどうかという点を気にするより、アタマを空っぽにして不思議な空気感を楽しむのが、親指シリーズの正しい鑑賞法かもしれません。

親指タイタニック 
監督:スティーブ・オーデカー  出演:メアリー・ジョー・ケフナン 他
KEI評価:★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
親指での"絵ヅクリ"に意識が行き過ぎていて、肝心のお笑い度数は、いささか拍子抜け気味。でも、この絵ヅラは一見の価値アリ(^^)。目がこえぇよ〜。


 

BACK