映画寸評集(あ)

HOME


作品タイトルはAmazonにリンクしています(在庫があれば直接購入できます)。
「ネタバレ解説」 をクリックすると、バレありの解説ページに飛びますぅ。

the EYE /2001/香港・タイ/
監督:オキサイド・パン 他  出演:アンジェリカ・リー 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
角膜手術を受けた女性が見たものとは…。時折展開がおおざっぱになることはあるものの、シナリオと映像は秀逸(後半は勿体ないカンジでしたが)。特に絵の見せ方に感激。あと、主人公のマン役のアンジェリカ・リーは二重丸! 瞳が素晴らしかった!

愛がこわれるとき /1990/米/
監督:  出演:パトリック・バーキン
KEI評価:★★★  Amazon評価:★★★★☆
異常な夫が迫る(笑)!

愛人(ラマン) /1992/英・仏/
監督:ジャン・ジャック・アノー  出演:ジェーン・マーチ 他
KEI評価:★★★  Amazon評価:★★★★☆
女のコが綺麗でかっこいい。

アウト・フォー・ジャスティス /1991/米/
監督:  出演:スティーブン・セガール
KEI評価:★★★  Amazon評価:
セガール主演のアクション。ブルックリンの平和を取り戻すためにやつぁ戦う。

アウトブレイク /1995/米/
監督:  出演:ダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★☆
いまいち入り込めないストーリー展開。ウイルスは怖いけど、マヌケ多し。

青いパパイヤの香り /1993/仏・ベトナム/
監督:トラン・アン・ユン  出演:トラン・ヌー・イェン・ケー 他
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★★
少女ムイが独特の魅力。でも、成長すると魅力は無くなるし(いえ、ロリとかでなくネ^^;)、展開も退屈で眠かったっス(^^;)。

アキハバラ電脳組 2011年の夏休み /日本/
監督:  出演:島涼香
KEI評価:★★★  Amazon評価:★★★★★
たまたま観る機会があっただけなんで、キャラもほとんど知らなかったのですが、けっこう楽しめました。ルリルリっぽいコとか、なかなかグーでふ(*^_^*)。

悪魔のしたたり 
監督:ジョエル・M・リード  出演:サマンサ・オブライエン 他
KEI評価:★★★  Amazon評価:★★★★☆
死の劇団の異常な舞台…。悪趣味ではあるけれど、キャラは立ってるし脚本もうまい。役者も活き活きと演技してます(活き活きし過ぎか^^;)。グロ系が嫌いでなければオススメできる作品。原題は"BLOOD SUCKING FREAKS" なんだろう、直訳すれば「吸血異常集団」とか(^^;)?

悪魔の毒々ゾンビーズ 蘇る死霊伝説 
監督:  出演:
KEI評価:★★★  Amazon評価:
ばかばかしさと狂気が同居。純真無垢なゾンビもの。
ネタバレ解説

悪魔の毒々プラトーン /1988/米/
監督:マイケル・ハーツ  出演:キャロリン・ビー・チャンプ 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
カリブ海で無人島に墜落した旅客機の生存者が遭遇した運命とわ? B級バカ映画にあるまじき(爆)一級娯楽作品っ。各キャラがおのおの個性をまっとうして、活き活きと動き過ぎです(^^;)。脚本や絵ヅラの出来栄えもすンばらしいでふ。星五つあげたいけど、まぁ、いちおう四つで…(^_^;)。

悪魔の毒々モンスター /1984/米/
監督:マイケル・ハーツ 他  出演:アンドリー・マランダ 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
産業廃棄物を浴びた青年メルビンは怪物に変貌。トロマビルの町を守るために闘うっ。小さいネタを畳み掛けてくる展開。そして、それがどんなに小さいネタでもおろそかにしない画面作り(^^;)! アットホームでほのぼのとした脚本も秀逸。

アザーズ /2001/米・スペイン・仏/
監督:アレハンドロ・アメナーバル  出演:ニコール・キッドマン 他
KEI評価:★★★  Amazon評価:★★★★☆
人里離れた屋敷に住む母子の元で起こる不可思議な出来事。怖がらせ方はベタです。一つの屋敷と数人のキャラクターのみで描かれる濃密な雰囲気はマル。ニコール・キッドマンの眼差しが印象的。
ネタバレ解説

アサシン 暗・殺・者 /1993/米/
監督:  出演:ガブリエル・バーン
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★☆☆
リュック・ベッソン監督「ニキータ」のハリウッドリメイク版。アクが弱いものの、ふつーに楽しめるのはこちらでしょう(^^;)。

あずみ /2003/日本/
監督:北村龍平  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★☆☆
徳川の世の太平を乱す者を殺すために育てられた刺客、あずみの戦い。テレビドラマ的な軽さも見えるけど、荒唐無稽な世界にハメられていくのは楽しかったです。上戸彩の絵ヅラの良さに心臓鷲掴み。黒マントばさーでずんばらりですよ(?)! あと、ぜんぜん期待してなかった周りのキャラも、けっこうイケててお得な気分(^^)。
ネタバレ解説

あずみ 2 
監督:  出演:上戸彩
KEI評価:★★  Amazon評価:
刺客あずみを襲うさらなる過酷な運命。シリーズ第二弾。前作にくらべてあずみの動きが重たく感じたのと、ストーリーが支離滅裂気味だったのが減点ポイントか。キャラは良かったけど、活かされてなかったり、そもそも活躍の場すら無かったりとかしてたし。次回に期待というトコロでしょうか。
ネタバレ解説

アタック・オブ・ザ・キラートマト 
監督:  出演:デビッド・ミラー 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★☆☆
突然変異のトマト達が人間を襲う! バカ映画の代名詞的作品らしいけど、丁寧にハイレベルにまとめてあるので、案外バカ度は低いかも。ブチ切れ登場人物や、クスリとくる小ネタ多数。

アダムス・ファミリー /1991/米/
監督:バリー・ソネンフェルド  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
お化け一家の生活を描く(笑)! 個々のキャラクターが、面白くて笑えます。

アダムス・ファミリー2 /1993/米/
監督:  出演:アンジェリカ・ヒューストン
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:
続編。クリスティーナ・リッチがかわいい。

アナコンダ /1997/米/
監督:ルイス・ロッサ  出演:ジェニファー・ロペス 他
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
ヘビの質感がいいカンジだし、素早い動きがかっこよい。生き物っぽい仕草や行動もマル。人間は…別にどうでもいいや(爆)。

アヴァロン Avalon 
監督:押井守  出演:マウゴジャータ・フォレムニャック 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
押井守監督作品。攻殻やパトを実写版にしたと思いねぇ。はったりが過ぎるストーリーや演出過剰気味の絵というカンジも無きにしもあらずですが、やはり一見の価値アリ(^^)。キャラも世界も美しい!
ネタバレ解説

アビス /1989/米/
監督:  出演:エド・ハリス
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★☆
海の中というステージを生かした作品。水圧との戦いがすげー。

ア・フュー・グッドメン /1992/米/
監督:  出演:トム・クルーズ
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★★
トム・クルーズが弁護士役をやってるってだけで、僕的には、気が抜けまくり(^^;)。それなりに面白かったような記憶はありますが…。

アポロ13 /1995/米/
監督:★★  出演:ケビン・ベーコン
KEI評価:  Amazon評価:★★★★☆
トム・ハンクスがやる人間ドラマは、基本的に肌に合いません(^^;)。

アメリ /2001/仏/
監督:  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
内気なアメリ。自分の殻に閉じこもり平穏な日々を過ごす彼女に訪れる転機。あざとく遊び過ぎな映像・脚本・キャラクター。でも、好き。"キャンディーのような"と評される色味の画面は美味しそうだし、狙い過ぎながらもニヤリとできる小ネタがテンポ良く挿入されてる。アメリ役のオドレイ・トトゥも秀逸。

阿羅漢 /1986/中国・香港/
監督:リュー・イェットユエン  出演:リー・リンチェイ 他
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
リー・リンチェイ主演。川を下る船での戦いなど、見所たっぷりカンフーアクション。

ARANZI MOVIE /日本/
監督:  出演:
KEI評価:★★★  Amazon評価:
アランジ・アロンゾのキャラを使った癒し系(?)ムービー。アニメや着ぐるみにぬいぐるみなどなど、盛りだくさんの不思議世界。"ぬいぐるみ作り"が秀逸。らぶり〜。てゆうか、映画ぢゃありませんが(笑)。

アリゲーター /1980/米/
監督:  出演:ロバート・フォスター
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★☆
ジョーズ的正統派アニマルパニックもの。練り込まれた展開とキャラクター達。全長10mのワニがらぶりー。
ネタバレ解説

アルマゲドン /1998/米/
監督:  出演:ブルース・ウィリス
KEI評価:★★  Amazon評価:★★★★☆
感動巨編というより、娯楽作。スターウォーズっぽい娯楽SF作品ですね(^^)。どちらかというと不快な展開が多くてウンザリしちゃう作品ですけど。
ネタバレ解説

暗殺者 /1995/米/
監督:  出演:アントニオ・バンデラス
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★☆☆
長髪をなびかせエネルギッシュなバンデラスと、クールな暗殺者スタローンの対決。どちらも、すっごく役にハマってました。

アンダルシアの犬 /1928/仏/
監督:ルイス・ブニュエル  出演:シモーヌ・マルイユ 他
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:★★★★★
100年たっても、きっと"前衛映画"と呼ばれていることでしょう(笑)。いかす映像で楽しめます。

神鳥聖剣 /1992/香港/
監督:  出演:アンディ・ラウ
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
びゅんびゅん飛び交うアクションシーン。

アンナと王様 
監督:アンディ・テナント  出演:
KEI評価:★★★★☆  Amazon評価:★★★★★
意外な展開というのは無いけれど、じっくりと楽しめます。チョウ・ユンファ比率が、かなり高めなのも嬉しいところ(笑)。

アンネの日記 /1959/米/
監督:ジョージ・スティーブンス  出演:ミリー・パーキンス 他
KEI評価:★★★☆☆  Amazon評価:
隠れ家での生活と厳しくなる生活を描く、わびしい映画(^^;)。

アンブレイカブル /2000/米/
監督:M・ナイト・シャマラン  出演:ブルース・ウィリス 他
KEI評価:★★★★★  Amazon評価:★★★☆☆
列車事故でたった一人奇跡的に助かった男。彼は無傷であった。思っていたほどの壮大な謎解きも無ければ、劇的な展開も無かった。でも、この雰囲気。じわりじわりと心に浸透する陶酔感。好きです。
ネタバレ解説


 

BACK