踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ "SAVE THE RAINBOW BRIDGE"

HOME

 

ストーリー
 発展を続ける都市、お台場。湾岸署署員たちは、今日もスリ事件や暴行事件の捜査、観光案内などの仕事に慌しかった。そんな中起こった猟奇的な殺人事件。その捜査のために、本庁から、初の女性管理官沖田仁美が、室井らを引き連れて到着した。
 しかし、彼らの捜査をあざ笑うかのごとく、第二の事件が起こってしまうのだった。
感想

 非常にソツなくまとまった良質の娯楽作品です。楽しめます。このドラマ独特の芝居っ気やノリは、観る者を飽きさせません。
 ただ、それだけに惜しかったのが導入部。SATとの対決は、まぁ、お約束のギャグみたいなもので、良かったとか悪かったとか論ずるようなモノではないので、まぁヨシとしましょう(^^;)。しかし、その次の青島刑事の出勤シーンのトコロが、僕的にはどうかなぁと思いました。婦女暴行事件の被害者が、他の職員がたくさんいる場所に連れてこられたままにしてあり、男性である青島刑事が聴取しているといふ…。しかも、軽く聴取した後「たったそれだけ?」とガッカリして、今度はスリ事件への助っ人依頼がきても「そんなチンケな事件持ってくんな」という態度。これでは、後半でいくら"現場"という錦の御旗を掲げても説得力がありません。パンフレットによると、青島刑事は、ちょっと"垢"がついて、日常の仕事に対する気持ちがちょっとフラついているような状態にあるカンジなんだそうで。そのせいでああゆう描き方になってしまったのかもしれませんが、ホント良質の作品なだけに残念でした。
 あと、残念なのは、事件の解決が最後のトコでトントン拍子に進み過ぎた点でしょうか。せっかく謎めいた事件に仕立てていただけに、勿体なかったって感じでふ(^^;)。

 キャラで特筆すべきは、恩田すみれを演じた深津絵里さんですね(なぜに"さん"付け?^^;)。なんか、"恩田すみれ"というキャラのセリフといい物腰といい、凄くハマってて、素敵でした〜。沖田管理官を演じた真矢みきさんも非常にナイス。「所轄の仕事なんか、どうだっていいでしょ(怒)」のセリフにはしびれましたよ(笑)。最後の退場があっさりし過ぎてたのは勿体なかったですけどね。
 逆に寒かったキャラはユースケたんですかね(笑)。警視庁の切り札"ネゴシエーター"役ってのは、ちょっと…(^^;;)。まぁ、その交渉人という設定のおかげで、最後の「子供作ろう」の一発ギャグがウケたワケなんですけど。そのギャグ以外で設定が活きたかどうかは疑問です(爆)。SATのたいちょも、ちょっとねぇ。あーゆう役は激好きなんで、基本的には○なんですけど、特殊部隊が自分の判断で好き勝手やるのはどうかと思われ(^^;)。発砲許可も、あの場面では沖田管理官でなくとも出せないでしょう。

 なにわともあれ、楽しかったです。その点はもう間違いなくOKでひた(^^)。派手さとか、ドギツさを前面に出さなくても、十分に面白いエンターテイメントが作れるってコトですね。

 

BACK