ヒットマン

HOME

 

ストーリー
 舞台は香港。香港で富を築いた日本の塚本グループの総帥が、"炎の天使"と呼ばれる男に殺された。その男は、無償で殺しを請け負うが、ターゲットは悪人だけだった。
 殺された塚本は、自分の命を狙う者達から身を守るために、復讐基金というシステムを用意していた。塚本が殺されたときには、その殺しの犯人に1億USドルの賞金がかけられることになるのだ。犯人の生死は問われない。この復讐基金は、実行に移され、多数の殺し屋達が塚本ビルに集まることとなった。

 しがない殺し屋グループに身を寄せていた元兵士のフウに、香港から殺しの依頼がきた。彼も、復讐基金の賞金のために呼ばれたのだった。

感想
 リー・リンチェイは、ジェット・リーと名乗り(笑)、この映画に出演。この映画、見せ場のアクションシーンは、3つか4つしかなく、他は、地味劇中心。
 フウを呼んだ依頼人は、こすい詐欺師。このおやじが、かなり活躍してしまうため、主人公の活躍場面が必然的に減ってたり(^^;)。ストーリーの中心が、このおやじとその娘に片寄り気味だったりします。これがまた地味なのですが、たくましく生きる娘さんの魅力もあり、いいかんじです(^^)。
 もう一人の主人公は、"炎の天使"。実は、こいつは刑事だったりもします。冒頭で、塚本ビル内部で暴れまくってくれます。最初は、当然、"こいつがリー・リンチェイなんだな"と思って観てたのですが、まあ、そういうワケなんで(^^;)、驚くべきことに、この映画におけるリー・リンチェイの見せ場は、なかなか出てこないのです。

 数少ない見せ場のアクションシーンは、かなりいい出来です。エレベーターでの戦いや、手榴弾牧師と、塚本の孫の部下を交えた最初の激突シーンは、びゅーちほー。塚本の孫の部下は、外人さんで、足が長くて蹴りワザが見栄えしまくり。強敵に対抗するための目潰しライトという小技も、新鮮でした。
 ラストの塚本ビルでの3対3の大乱闘も、かなりのもの。着物のおねーさんも、すごい蹴りワザ。塚本の孫も、ご期待通り(笑)に日本刀をぶんぶん振りまわしてくれます。
 地味劇のあとだけに、気分爽快(^^)。

 塚本の管財人マーティンも、見た目は宅八郎ながら、抜け目のない活躍っぷり。どう考えても、悪役に利用されて、殺されがちな外見なのに、最後は大金を手に入れてはっぴーはっぴーな結末。やるなあ(^^;)。

 最新のアクション活劇というよりは、ジャッキー・チェンやブルース・リーの古い作品を思わせる雰囲気が滲み出てました。でも、良いですよ、コレ。好。

 

BACK