ゾンビ伝説

HOME

 

ストーリー
 人類学者のデニスは、製薬会社から未知の薬の調査の依頼を受け、ハイチに旅立った。その薬の効果だろうか、ハイチで七年前に死んだ男が、生きかえったというのだ。ハイチの女性医師と共に調査を始めるデニス。
 しかし、ハイチの秘密警察が、彼の行動を追い始めていた。
感想
 幻覚シーンが多過ぎて、ちとダレ気味の作品。まあ、幻覚のうちのいくつかは、秘密警察の長官がデニスに見せていたものらしいので、ストーリー上必要ではあるんですが、映画を観てる方は「また幻覚だな」という気持ちになってしまいます。

 いちおう実話が元になっているらしく(原因はテトロドトキシンだとう!?^^;)、ゾンビ役(息を吹き返した人間)は、特別なメイクはほとんどナシ。見つかった薬は、対象の生命維持活動(呼吸など)を一時的に止めるものの、その対象の意識や感覚は奪わないというシロモノ。12時間後には、元通りに復活させることができます。
 その薬の効果は12時間なのに、見つかった死人は、なぜ七年間もたってから復活したのか、という不可思議な疑問は残ってます。だから、まあ、不気味といえば不気味なんですが(そこが、この映画のポイントですし^^;)。

 結局、ハナシの重心は、ハイチのゾンビ伝説ではなく、秘密警察の長官の黒魔術にあったワケで(^^;)。しかも、すんごく不気味というわけでもなく…イメージとしては、そう、インディージョーンズに出てくる邪教の神官というカンジ(笑)。けっこうコミカル。

 登場人物のキャラは立ってます。主役のデニスの行動力もいいカンジだし、女医さんもミステリアスでまる。警察長官も、小柄(少なくとも大きく見えない)で、ちっとも(^^;)立派な顔はしてませんが、そこがさらにいいカンジ。
 もっとも光ってたのは、謎の薬の製法を知る男、ルイ・モーツァルト。こいつが、この作品を盛り立ててます。有名になりたがってるという設定はナイス。

 

BACK