モンスタークロコダイル

HOME

 

ストーリー
 オーストラリアの自然保護官のスティーブは、地元のアボリジニと協力して、ワニの保護にあたっていた。そんなある日、密猟者達がワニに殺された。世界最大記録を大幅に越える殺人ワニの出現により、保護下にあったワニ達が殺されていく。スティーブの友人であるアボリジニの長老によると、その巨大ワニは"ナムンワリ"という名だと言う。神にも等しいナムンワリを殺すのは人間には無理だから、ナムンワリを故郷へ移送するのが最善の策だとスティーブに話す長老。

 長老とともにナムンワリを生け捕りにし、故郷へと運ぼうとするスティーブ。しかし、ナムンワリに片腕を奪われた密猟者ベッサーが、彼を追うのだった。

感想
 いやーあざといですねえ、邦題は。こんな自然保護テイストにあふれた「子猫物語」のような映画に、この題名(^^;)。ナムンワリは、たしかに巨大ですが、それほど変わった性質は持っていません。けっこう現実味のある姿と行動には、目を見張るものがありました。捕獲も、麻酔銃で、けっこう簡単に成功しましたし(笑)。長老の神秘性ってのも、ほどよくてらぶりーでした(^^)。人間と自然が相対した構図ってのも、なかなか分かりやすかったですし。中間に位置するアボリジニの存在も絶妙。
 そんな良質映画テイストを漂わせつつも、ラストで、ちょっと目を離したすきにボディペインティングをほどこして颯爽と登場した長老はシュール。撃たれてるし(^^;)。

 でも、長老自身がかつて話していたように、長老の骨をナムンワリにあげてるシーンは感動もの。なんか、おおおおお、と痺れました(^^;)。良作。

 

BACK