使用デジカメ

HOME

 

Sony Cyber-shot DSC-V1 2003年7月購入
仕様

ズーム
合焦範囲
CCD
ISO感度
液晶
メディア
最大画像サイズ
起動時間
シャッターラグ
電源
連続撮影
外形寸法
重量

:光学4倍×最大4倍(VGA撮影時)スマートズーム
:0.5m〜∞(マクロ最短10cm)
:有効510万画素(サイズ1/1.8型)
:最大800相当
:1.5型TFT(画素数123,200ドット)
:メモリースティック、メモリースティックPRO、メモリースティックDuo
:2592×1944(静止画)、640×480(動画)
:3.0秒
:0.40秒
:インフォリチウムCタイプ
:2400枚/120分(最低画質、液晶・フラッシュOFF)
:99.5×65.2×56.8mm(最大突起部含まず)
:300g(バッテリー、メモリースティック、ストラップ含む)
特殊機能

ナイトフレーミング、ナイトショット、スマートズーム

装備品

--

 こいつを買うときは、だいぶ迷いました。僕は、一つで全てを兼ね備えたオールマイティなモノが好きなので、「マニュアル機能充実」「小型軽量」の両方の条件を満たすものが欲しかったワケです。で、今回の候補として絞り込んだのは、SONYのV1とU30、そしてPENTAXのOptioS。OptioSの小ささで光学3倍ズーム搭載ってのには惹かれたのですが、結局は最初に書いた「マニュアル機能」を求めてV1に。スポーツ観戦などで使っていたF505Vの置き換えと、旅行や普段の持ち歩き用という両方の目的の、ちょうど中間位置ですかね(^^;)。中途半端万歳!
 実際に見て触った感想を例えてみますと、「P9がザブングルなら、V1はウォーカーギャリア」といったカンジです(?)。P9と比べるとでっぷりとしたカンジですが、そう極端に大きくもない。無意味な機能もあるっぽいけど、その無意味さに惹かれる。そんなカンジです。致命的な欠点は、なんちゃって高機能機でありながら、マクロが最短10cmってトコでしょう。納得ずくの仕様ではありますが、V2(?)では改良して欲しい部分です。

Sony Cyber-shot DSC-P9 2002年6月購入
仕様

ズーム
合焦範囲
CCD
ISO感度
液晶
メディア
最大画像サイズ
電源
連続撮影
外形寸法
重量

光学3倍×2倍デジタルズーム
:0.5m〜∞(マクロ最短10cm)
:有効400万画素(サイズ1/1.8型)
:最大400相当
:1.5型TFT(画素数123,200ドット)
:メモリースティック
:2272×1704(静止画)、640×480(動画)
:インフォリチウムCタイプ
:1800枚/90分(最低画質、フラッシュOFF)
:114.0×51.5×35.8mm
:206g(バッテリー、メモリースティック、ストラップ含む)
特殊機能

--

装備品 マリンパックMPK-P9

 前回のF505Vがあまりにも大きくて、毎日持ち歩くのが困難だったので(^^;)、コンパクトなやつにしようと思って買ったモノです。Pシリーズは極小なタイプではありませんが、機能と大きさのバランスではイイ線いってるんじゃないでしょうか。サッと取り出せて、mpeg1動画も撮れて、いちおう400万画素。
 しかし、マニュアル機能がもちっと付いたヤツが欲しくなったのと、内部レンズが汚れたため(?)(ズームすると丸い汚れが画像に浮き出る)、意外と早く買い替え欲が出てきてしまった品でもあります(根本的に不満点は無いのですが)。内部レンズの汚れを取るために修理に出してからヒトに譲る予定。

Sony Handycam DCR-IP7 2002年1月購入
仕様

ズーム
CCD
液晶
メディア
最大画像サイズ
電源
外形寸法
重量

光学10倍×12倍デジタルズーム
:1/6型68万画素(動画・静止画共 有効34万画素)
:2.5型TFT(画素数211,2
00ドット)
:MICROMV、メモリースティック
:640×480(静止画)、720×480(動画)
:インフォリチウムFタイプ
:47.0×103.0×80.0mm(最大突起部含まず)
:370g(バッテリー(NP-FF50)、テープ含む)

特殊機能

Bluetooth機能、ネットワーク機能

装備品 テレコンバージョンレンズ、NDフィルタ

  MICROMVという新規格に惹かれて心中するつもりで買ったら心中してしまったぽ(爆)。いえ、別に編集バリバリやってDVD作りまくってとかいう目的は無いんで、それほど後悔はしてないんですけど(^^;)。とにかく小ささが魅力です。会社のゴルフコンペでも持ち歩いて、周囲に嫌がられながら記録を撮り残してます(笑)。画質の点で難がある…というか、フルオートの設定ではイマイチうまく撮れないコトがあります。まぁ、そこらへんは試行錯誤でしょうか。
 使い勝手でやや困っているのが、独自のファイル形式の扱い方でし。独自のMMV形式でパソコンに取り込むことになるワケですが、MPEG2ファイルと違って縮小画像が表示されない(XPのエクスプローラ上において)ので、何の映像かは日付と時間を頼りに再生してみないと分からないといふ。また、購入後の付属品のみで簡単にDVDに出来るのかなと思っていたら、別売りのパソコン編集キット(DPCK-IL10)が無いとダメっぽいです。付属のソフトでMPEGに変換できるみたいですが、変換には天文学的時間がかかりそうです(^^;)。編集キットを使うと、カメラからの映像を、MMVではなくMPEG2で取り込んでくれるので直接DVD製作に使えるようです。んでも、編集キットにはMMV形式のファイルをMPEGに変換してくれる機能は無いっぽかったり。すでにPCに取り込んでしまったMMV形式の動画ライブラリをDVDにするには、MMVファイルをいったんMICROMVテープに書き戻してから、再び編集キットでMPEG2ファイルで取り込むってカンジでせうか(^^;)。
 まぁ、そんなカンジで運用に制限はありますが、そこらへんが分かってきたので、ちょこちょこ使って遊んでます。便利なビデオカメラとして長く使っていきたいです。

Sony Cyber-shot DSC-F505V 2001年購入
仕様

ズーム
合焦範囲
CCD
液晶
メディア
最大画像サイズ
電源
連続撮影
外形寸法
重量

光学5倍×2倍デジタルズーム
:0.25m〜∞(マクロ最短2cm)
:有効262万画素(サイズ1/1.8型)
:2.0型ハイブリッド(画素数123,200ドット)
:メモリースティック
:2240×1680(静止画)、320×240(動画)
:インフォリチウムSタイプ
:1300枚/70分(最低画質、液晶バックライトON、フラッシュOFF)
:107.2×62.2×135.9mm
:482g(バッテリー、メモリースティック、ストラップ含む)
特殊機能

回転レンズ

装備品 テレコンバージョンレンズ

 F55Kに光学ズームが無くて苦労したので、次は光学ズームがついてるヤツにしようと思ってました。で、S型バッテリーとメモリースティックを流用出来て、光学ズーム倍率がソニン製品の中でもっとも高かったコイツに白羽の矢が立ったワケです。
 ずん胴スタイル(違)は気になりましたが、F55Kで回転レンズを利用した構え方に慣れていたので、意外と違和感無く使えました。F55Kと同じく、胸のあたりで構えると小心者のワタクシでも周囲をそんなに気せずに撮影出来ます。いえ、周りのヒトは怪しく思っているでしょうけど(^^;)。
 光学10倍ズーム程度を備えたデジカメは他社から出ているワケですので、そこに不満はありました。専用のテレコンバージョンレンズを買ったりもしましたが、1.7倍程度の倍率アップでは大して差は埋められなかったり。それでも、サッカー観戦などで役立ちはしました。サンフレッチェ広島から去ってしまった久保選手を多少は大きくカメラに収めることが出来ましたし(^_^;)。
 SONY以外のメーカーのデジカメはあまり触っていないので分からないのですが、F505Vは動画撮影中にズームの調整が出来たのが便利でした。これはV1もP9も出来ません。現在、勤めている会社に寄与して何げに活躍してます。

Sony Cyber-shot DSC-F55K 2000年購入
仕様

ズーム
合焦範囲
CCD
液晶
メディア
最大画像サイズ
電源
連続撮影

外形寸法
重量

:2.5倍デジタルズーム
:0.5m〜∞(マクロ最短10cm)
:有効202万画素(サイズ1/2型)
:2.0型TFT(画素数122,980ドット)
:メモリースティック
:1600×1200(静止画)、320×240(動画)
:インフォリチウムSタイプ
:1000枚/50分(液晶バックライトON、フラッシュOFF)
:1200枚/60分(液晶・フラッシュOFF)
:103.0×79.1×48.0mm
:300g(バッテリー、メモリースティック、ストラップ含む)
特殊機能

回転レンズ

装備品 --

 実質的にデジカメを使い始めたのはこの機種からです。これより古いFシリーズのをちょっぴり使ったことはありましたが、べったりと持ち歩いたのはコイツから。
 ふつーのカメラとは一線を画する特異なカタチではありますが、この回転レンズの使い勝手は良かったです。たんに構図の確認に便利だとか、構えたときにブレないのが良いとか言うこと以外に、ワタクシみたいな小心者で自意識過剰な人間でも街中でそこそこ気軽に写真を撮れるのが最大の利点でしたね(^^;)。最近はだいぶ麻痺して平気になってきましたが、周りにヒトがいるのにスチャっとカメラのファインダーを覗くのは気が引けてたンですよ。だけど、コイツなら胸のあたりで構えて下を向いた状態で写真を撮れるワケですよ。
 屋久島に持って行ったり、デジカメに親しむキッカケとなったり…思い出深いカメラです。現在コールドスリープ中(違)。

ソニー製品のお求めはコチラ↓から。製品紹介ページを見るだけでも楽しいでスよ(^^)
Sony StyleロゴSP_468_60 

BACK